小さな青いポスト
  • 2017/08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/10

あけましておめでとうございます。

2012年01月03日 (火) 11:46 |
LIFE WORK DESIGNのゴトウです。

みなさま、あけましてめでとうございます。
昨年は大変な年でしたが、ここのブログをご覧になられている方はじめ、
「好きだった景色を忘れないための写真展。」を通して
多くの方にお世話になりました。
京都「好き忘れ」から約半月が過ぎ、
ご挨拶が遅れましたがあらためて御礼を申し上げます。

暮れのクリスマスに、展示作品が仙台に戻ってきました。
11月頭に仙台から送った特製(?)段ボールがそのまま戻ってきましたが、
大阪、兵庫、京都と3つの場所を巡り、
段ボールはくたびれた感はありましたが、
その土地土地で色々な方々が作品を大事に扱ってくれて、
なんだろう、ひとつ大人に?なったような印象でした。

そしてなによりもメッセージノート。
仙台で使ってたものをそのまま大阪へ送りましたが、
2/3はブランクだったページも京都終了で最後までぎっしり。

コメントをひとつひとつ読んでいたら胸が熱くなり、涙してしまいました。
その多くに「ありがとう。」と書かれているのが印象的で、
僕らの方こそありがとうを言わなければならないのに、
本当にありがたい言葉です。
自分の友人含め、好き忘れの参加者数名にもお見せしましたが、
多くの人のそのメッセージに皆、涙を浮かべていました。


今回の写真展の作品は、約半分が震災前に撮られたものです。
同時にもう半分は震災後に撮られたもの。
正直無くなった景色もありましたが、被害を受けなかった場所、
今だからこそ愛しいと思える景色もありました。

そんな景色がならぶ写真展の中で
「仙台に行ってみたくなった」「自分のふるさとを思い出した」
「仙台で育ったので思い出した」などのみなさんの言葉が
ひとまわりしてきて、深く自分たちに響いてきました。
震災がきっかけで始まった写真展なので
あえてこういう言葉を使いませんでしたが
今は素直に「この写真展をやってよかった」と思います。


一昨日の元旦、初日の出を見に行きました。
毎年行く、仙台の深沼海岸という海です。
今回の写真展では大きく引き延ばして展示していた大好きな風景です。

2010年5月25日AM4:00 深沼海岸にて


震災以降3度足を運びましたが、
震災当時は海に行くまでの風景が空爆を受けたような景色。
車がひっくり返ってたり、田んぼに家の2階部分だけがぽつんとあったり。
10ヶ月後の今はあいかわらず街ごとが削りとられた状態でありますが
慰霊碑も立っていて、多くの方々が花を添えていました。

そして浜辺に出て、日の出を見ました。
数々この海で日の出を見ましたがあんな幻想的な風景は初めてでした。

4月は行ったもののなんだか恐くて浜に降りられず....
8月には仙台での好き忘れ写真展が無事終えられた報告。
10月は大阪での好き忘れの写真展が始まるという報告。
そして一昨日は大阪、兵庫、京都のすべての写真展が終わった事の報告。
そういう意味も含めて、10数キロの距離を自転車で走らせてきました。

人によっては二度と見たくなくても僕にとっては大好きな景色です。
これからも足を運びたいと思います。

皆さんもそれぞれに好きな景色があることだと思います。
風景に限らず、家族や友人、ペット等と過ごす時間...
時間が過ぎればいつかは“好きだった景色...”となってしまいます。
だからこそ今目に見える景色を大事にしてください、そして残して下さい。


震災があって、
どうやっても「良い年だったね。」とは誰しもが思えなかった2011年。
それでも22tu-tu gallery&atelierの菅さん、高瀬舟の田平さん、
Gallery Ort Projectの村田さんはじめスタッフの方々、
3都市全てをコーディネートしてくれたMIQUIさん、
そして塩崎さん、三嶋さん、豊島さん、lumicaさん、
うつわhakuさん、mogu cameraの小倉さん、
大阪、兵庫、京都の開催に向けて協力いただいた方、
観に来てくれた大勢の方、そして仙台での友人たちや家族のおかげで
あの重く暗かった春を塗り替えてくれるように
「良いこと、嬉しいこともたくさんあった年だったね。」という気持ちで
2011年を終えて、2012年を迎えられました。

ありがとうございました。


「好きだった景色を忘れないための写真展。」主催
LIFE WORK DESIGN ゴトウ


↓一昨日の その景色を映像にしてみました。
僕の好きな景色は今なお綺麗に続いています。

●2012.1.1 深沼海岸の日の出

「好き忘れ写真展」&「せんだい散歩」 終了しました。

2011年12月28日 (水) 14:32 |


こんにちは。小さな街の小野です。

仙台から始まり、大阪、兵庫、京都と各地を巡った「好きだった景色を忘
れないための写真展。」、そして「小さな街のせんだい散歩」が無事に終
了致しました。先日、それぞれの作品&商品が仙台へ戻ってきました。

本当に沢山の方のご協力があったからこそ、大勢の方へ今回の催しを、
そして”せんだいの空気”をお届けする事が出来ました。催しに足を運ん
でいただきました皆さま、そして各所でご協力頂きました皆さま、本当に
有難うございました。

この催しを振り返ってみると、誰のものでもない「街」の姿は、全ての皆
さんのものでもあり、故に単なるキレイ、美しい以上の想いを各作品に馳
せる事が出来るのかなと感じました。この余白とも似た作品と見手の関係、
距離感に僕はとても気持ち良さを感じます。”この作品の仙台の風景を見
に行きたい”という気持ちに加えて、自分の「街」との関係を考え、見つ
め直すきっかけにもなったのではないでしょうか。人の中から忘れ去られ
てしまう風景は、本当の意味で無くなってしまいます。

関係、距離感という話しで言えばせんだい散歩の商品にも同じ雰囲気があ
ったのではないかなぁと思います。この商品を作っている作者が仙台で生
活をしている。仙台で作られている。商品を手に取る時に感じていただけ
たのではないかなと思います。もし、機会があれば作り手に会いに仙台へ
遊びに来て下さいね!それが何よりの喜びとなります。

何だか、皆さまの温かな気持ちに揺られフワフワと浮かび移動する気球の
様な催しだなーと感じました。

好き忘れ写真展を主催しているLIFE WORK DESIGNの後藤さんのご感想
はコチラをご覧ください。 → http://bit.ly/rEbgnM


「仙台と大阪を繋ぐ」をテーマに始めたこの小さな青いポストですが、
今後も大阪を始め沢山の場所、沢山の人と繋がり、互いの”面白い”、
”楽しい”を交換・共有出来ればなと思います。来年は「大阪から仙台へ」
の企画を行う予定です。詳細が決まり次第、ブログにてお知らせいたしま
すね。お楽しみにしていて下さい!

兵庫から京都へ。

2011年12月08日 (木) 00:15 |
life work designのゴトウです。

兵庫で伝える、「好きだった景色を忘れないための写真展。」が
終了しました。

1週間という時間の中でもたくさんの方が観に来ていただいたとの事で
大変嬉しく思います。会期中には朝日新聞さんが取材で取り上げてくれた
とのことで週末にはその記事をご覧になって来展頂いた方も多かったそう
です。

会場となった高瀬舟さんも、
画廊ということで22tu-tuギャラリーさんとはまた雰囲気や間取りが
違うことで
また別の印象をあたるような写真展になったような気がします。
加えて併設展時ということで、宮城でおこなわれた、
ドローイングワークショップでの作品の展示も開催されました。
仙台から持っていった僕らの写真作品、
兵庫から投げかけて宮城で作られたワークショップの作品、
そういうものがこのタイミングでひとつの場所、ハコに集合できた縁は
不思議だなと思ったり巡り合わせと思ったり....。
地域交流の妙みたいなものも感じてます。

ご来展いただいた方々本当にありがとうございました。
そして高瀬舟のオーナーさま、
搬入設営在廊にご協力いただいた大勢の方々、
本当にありがとうございました。
主催としてあらためて御礼申し上げます。



そして今年もう一カ所、お話をいただきました。
京都で伝える、「好きだった景色を忘れないための写真展。」の開催が
決定しました。



大阪に展示を観に来てくれた学生さんが中心となって
この数週間開催に向けて動いてくれました。

大阪をスタートして、そこから兵庫、京都と3府県に渡り
思いもよらない展開になりました。
大阪以降は実際に足を運べず、
DMを作成するなどの準備でしかフォローできず、
MiQuiさんはじめ、現地で動いてくれる方に頼り切りな状況に
大変申し訳なく感じますが
本来の写真展の意味みたいなものがブレることなく、
それぞれに関わっていただける方々の中で大切なものとして
その場所その場所で作品を扱っていただいているので
ありがたいなと思います。

DMの右上に、毎回宮城の地図と開催場所の地図イラストが
繋がっているイメージのロゴを入れているのですが、
本当にその通りで、実際の距離関係なく、今回の写真展を通して、
“人を介して景色が繋がっていく”ということを、
ひしひしと勝手ながら感じております。

京都の会場は、今年OPENしたばかりのギャラリーだそうで、
学生さんや社会人の方が中心となって運営しているそうです。
そういう場所で行う、
好き忘れ写真展はまたどのような雰囲気になるのか楽しみであります。

--------------------------------------------------
京都で伝える、「好きだった景色を忘れないための写真展」
会  期/2011.12/16(金)〜12/19(月)
開廊時間/12:00〜20:00 ※会期中無休
会  場/Gallery Ort Project
     京都市左京区岡崎西天王町84 1F TEL.080-5326-6336
主  催/LIFE WORK DESIGN
協  力/(京都)Gallery Ort Project HAU MiQui
     (仙台)小さな街 checkmate design


●同時開催『小さな街のせんだい散歩』
雑貨や古本、焼き菓子など、仙台を拠点として活動する作家さん
たちの作品や商品を京都にお届けします!
写真展とともに一歩ギャラリーに入れば、まるで仙台を散歩して
いる様な、そんな気分になって頂ける催しです。

●併設展時『東北の子どもたちへ贈るごはん茶碗の展示
      〜お茶碗お手紙プロジェクト〜』

--------------------------------------------------

兵庫から京都へ♪

2011年12月06日 (火) 11:30 |
こんばんは、MiQuiです。

遅くなりましたが、
昨日5日に兵庫・芦屋の高瀬舟で開催されていた

兵庫で伝える、
「好きだった景色を忘れないための写真展。」が、

無事終了したました。











こちらは併設された
“ソレアード”が宮城の被災地で行ってこられたワークショップの報告展示



宮城の4市町村5ヶ所でドローイングワークショップをされた
最終日に被災地の方々と一緒に描かれて絵だそうです。



お越しくださった、
みなさま本当にありがとうございます。

大阪展示を観て良かったから…と
再度お越しくださった方、

前回は行けなかったから、
今回は何とか駆けつけましたと
おっしゃってくださった方、

知り合いが出展してるので…と、
いらしてくださった方、

友だちに観て良かったからと聞いて…と、
足をお運びくださった方、

色々な方がいらしてくださいました。


クチコミで宣伝してくださったみなさんも
本当に、本当にありがとうございました。

急遽決まった展示の上、期間も短かったので
少し不安もあったのですが、
みなさんのお蔭で、
本当にたくさんの方にご覧いただけました。


そして、実は京都でもこの後
16日(金)〜19日(月)まで
Gallery Ort Project
さんで
今度は、
“京都で伝える、
 「好きだった景色を忘れないための写真展。」”が始まります。

本当は、関西1ギャラリーで展示して
仙台へお返ししてします予定だったのですが、
みなさんのあたたかいお気持ちとご協力の元
今年中に関西3府県で巡回展示させていただくことが
できるのを本当に感謝しています。

関西の方みなさん、
ぜひ、京都にも足をお運びくださいね。

そして、仙台のみなさんへ関西のパワーをお送りしまーす。

兵庫県で伝える、の展示風景1

2011年12月01日 (木) 22:53 |
こんにちは。

毎日雑貨たちに誘惑されているMiQuiです。

今日は、今回

兵庫で伝える、

「好きだった景色を

 忘れないための写真展。」


が、開催されている、

兵庫県・芦屋市のアートスペース 高瀬舟さんを

ちらっと、ご紹介します。



これが「アートスペース 高瀬舟」です。
いかりスーパーの南裏側、線路沿いの細い道にあります。



高瀬舟に入るとまずは、「小さな街のせんだい散歩」
雑貨たちが出むかえてくれます。

今回は、カワイイこけしさんたちも参加してくれてます♪





売り切れていた雑貨も、新たなジャムも勢ぞろい!!









足を運んでくださる方もいらっしゃるので、
ブログ画像ではこんな塩梅で(・ω・)b

今日も思っていたより
たくさんの方にお越しいただきました。


展示は素敵に開催中です。
前回逃してしまった方、お近くの方、
楽しみにいらしてださいね♪